転職希望者が面接に臨む前に確認すべきこと

転職希望者が面接に臨む前に確認すべきこと
転職希望者が面接に臨む前に確認すべきこと

応募者は面接で素を出さない

企業の採用担当者は、応募者の本当の姿を知ることに力を注ぎます。面接用の着飾った姿を見ても意味がありません。素の部分を知りたいと考えています。しかし、応募者は面接ではなかなか素を出しません。出さないと言うか、出せないことが多いです。受かりたいと言う気持ちが強いので、本当の自分を出すのが怖いと考えるのでしょう。ですから、採用担当者は応募者の本当の姿を引き出すために、あらゆる角度から質問をしてきます。リラックスさせるために、少し笑いを交えて質問してくる採用担当者もいるでしょう。こう言う人なら、応募者も不安を感じることはありません。

しかし、中には応募者の答えに否定的な意見を述べる、応募者が嫌がる質問をする採用担当者もいます。こう言う採用担当者に当たると、多くの応募者が焦りを見せるでしょう。ですが、これはわざと威圧的な態度を取っていると言う風に理解することです。嫌な質問をするのも同じで、応募者の本当の姿を探ろうとしているだけです。応募者のことが憎いわけではありません。ですから、焦ったりムキにならないようにしましょう。相手の思う壺です。これを冷静に上手く対処できると、採用担当者に好印象を与えることができます。

就職・転職・求人でも話題の求人関連情報。きちんと整理されているこのサイトでチェック☆

Copyright (C)2017転職希望者が面接に臨む前に確認すべきこと.All rights reserved.