転職希望者が面接に臨む前に確認すべきこと

転職希望者が面接に臨む前に確認すべきこと
転職希望者が面接に臨む前に確認すべきこと

圧迫面接と分かっていれば

転職回数が多い、失業期間が長い人は、それについて面接で必ず聞かれると考えておきましょう。こう言うことはハンデになると考えている人がいますが、そうとは限りません。自分のハンデに対して、萎縮しすぎないようにしましょう。転職回数が多いから受からないだろうと考えていると、態度に出てしまいます。自信がなさそうと言う印象を与えることになるので注意が必要です。転職回数が多い、失業期間が長いと言うのは、今さら変えることもなかったことにもできません。大切なのは、自分のハンデを踏まえてこれからどうしていきたいかです。

また、ハンデに鋭く突っ込んでくる採用担当者も少なくありません。もし、嫌な質問をされても焦らないようにしましょう。採用担当者はハンデがある応募者のことを怒っているわけではありません。わざと嫌がる質問をして、どう切り返すかを見たいだけです。ですから、焦ってしまえば仕事ができない人と見られるでしょう。一瞬でもムスッとしてしまえば採用されることはなくなります。もし、採用担当者に嫌な質問をされたら、圧迫面接と考えて冷静に対処することです。圧迫面接と分かっているだけで、不思議と焦ることはなくなるでしょう。
Copyright (C)2017転職希望者が面接に臨む前に確認すべきこと.All rights reserved.