転職希望者が面接に臨む前に確認すべきこと

転職希望者が面接に臨む前に確認すべきこと
転職希望者が面接に臨む前に確認すべきこと

面接の最後に質問があるかと聞かれたら

面接でよく聞かれる質問は色々あります。それらの質問によどみなく答えられるように、誰もがしっかり考えるでしょう。しかし、答えだけを考えていてはいけません。面接の最後に、何か質問がありますかと必ず聞かれます。つまり、質問も考えておかなくてはいけないわけです。この質問に対して、何もありませんと答えてしまうと、採用担当者は我が社に興味がないのだなと考えます。当然、印象は良くありません。質問をしないと絶対に落とされると言うわけではありませんが、ひとつかふたつは質問したいところです。

とは言え、何でも質問していいわけではありません。まず、企業のホームページや求人情報を見ればすぐに分かることは質問しないようにしましょう。さらに、採用担当者が不安になるような質問も控えなければいけません。残業はどれ位あるかとストーレートに聞くと、残業をしたくない人なのではと採用担当者は不安になります。また、質問をたくさんし過ぎるのもNGです。質問をたくさんすると、不安を抱えているのではと誤解される恐れがあります。そして、給料や福利厚生のことを聞くのも止めましょう。条件に関しては、内定後に分かります。面接の場で聞くのはタブーです。

就職・転職・求人でも話題の求人関連情報。きちんと整理されているこのサイトでチェック☆

Copyright (C)2017転職希望者が面接に臨む前に確認すべきこと.All rights reserved.