転職希望者が面接に臨む前に確認すべきこと

転職希望者が面接に臨む前に確認すべきこと
転職希望者が面接に臨む前に確認すべきこと

面接に行くのに何の準備もしない人はいない

面接に行くのに何の準備もしないと言う人はいません。頻出質問にどう答えるか時間をかけて考えるでしょう。志望理由や将来のビジョンは必ず聞かれますし、転職者の場合は退職理由や職歴も聞かれます。これらがしっかり答えられないと、面接を突破することはできません。これらの答えはすぐには考えられないので、考える時間はしっかり確保したいところです。また、長所と短所もよく聞かれます。忘れずに考えておきましょう。長所と短所、共に具体的に応えるのがポイントになります。長所を考えるときは、抽象的な言葉を多用しないようにしましょう。

自分の長所を好奇心が旺盛、何事にも積極的と答える人が多いですが、これでは自分らしさは伝わりません。自分の長所を考えているときに、抽象的な言葉が出てきたら、それを証明する具体的なエピソードを盛り込むことです。前職の上司や学校の先生などに褒められたことを話すといいでしょう。また、プライベートの交友関係の広さをアピールする人が結構います。これは仕事に関係ないので、アピールにならないでしょう。ただ、幅広い年齢層の人と仕事してきたので、どんな年齢層の人とでもコミュニケーションが取れると言うのはアピールになります。
Copyright (C)2017転職希望者が面接に臨む前に確認すべきこと.All rights reserved.