転職希望者が面接に臨む前に確認すべきこと

転職希望者が面接に臨む前に確認すべきこと
転職希望者が面接に臨む前に確認すべきこと

転職面接でちょくちょく聞かれること

転職面接でちょくちょく聞かれるのが、入社してから数年後にどうなっていたいかです。応募者はこの質問をされたら、3年後や5年後のビジョンを教えてと言われていると考えましょう。企業側はこの質問をすることで、応募者にやる気があるかどうかを確かめます。また、条件だけで応募してきていないかを見極めようとします。この質問をされたらどう答えればいいか悩む人が多いですが、難しく考える必要はありません。転職しようとしている人なら、最初に転職の目的を明確にしているはずです。将来こうなりたいから転職するとも考えたでしょう。

入社してから数年後にどうなっていたいかと言う質問に対する答えは、これらを中心に組み立てていきます。この質問にきちんと答えられる人は、採用担当者の印象に強く残ると言われています。答えられなければ、採用は少し遠のくかもしれません。この質問に対する答えは、十分過ぎるほど時間をかけて考えてもいいでしょう。ただし、独立したいと言うことをビジョンとして掲げるのは避けましょう。もちろん、自分の中でそう考えるのは構いません。しかし、面接で素直に述べるのは止めましょう。数年経ったら辞めますと言っているのと同じです。
Copyright (C)2017転職希望者が面接に臨む前に確認すべきこと.All rights reserved.