転職希望者が面接に臨む前に確認すべきこと

転職希望者が面接に臨む前に確認すべきこと
転職希望者が面接に臨む前に確認すべきこと

面接で聞かれたことには正しく答えないといけない

転職希望者で、職歴に1年未満で辞めた会社がある場合、面接ではそのことについて必ず聞かれます。きちんと答えられるようにしておきましょう。短期間で辞めた理由としてよくあるのが、入社したら聞いていた仕事内容と全然違ったと言うことです。応募者としては、企業側に騙されたと考えているでしょう。しかし、これを理由にするのはいけません。本当に企業側が悪かったとしてもです。短期間で辞めたことを企業側のせいにするのは、基本的にタブーであると肝に銘じておきましょう。前職は、自分の将来的なビジョンから外れるものだったと答えるのが常識とされています。

また、転職回数が多い人は、面接に受からないと言われることがよくありますが、決してそんなことはありません。もちろん、不審がる採用担当者もいます。しかし、最近は転職回数の多さをマイナスと考えない企業も増えてきました。多くの企業を見てきて、色々な仕事を経験した人と言うことで重宝されることもあります。とくにベンチャー企業などは、とにかく何でもやってくれる人、または何でもできる人を求めることが多いです。転職回数の多さがハンデと考えている人は、こう言う企業を狙うといいでしょう。
Copyright (C)2017転職希望者が面接に臨む前に確認すべきこと.All rights reserved.